Title-第四回

各映画像と紹介文掲載

<上映作品 7作>

●上映作その1

「カルナン -Karnan」   タミル映画 2時間32分

 
 
監督:マリ・セルヴァラージ   2021年

主演:ダヌシュ(『3』)、ヨーギ・バーブ(『マンデラ』)

あらすじ:抑圧されているコミュニティであるポディヤンクラム村にはバス停がなかった。隣村メールールとの関係が悪化するのを打開すべく青年カルナンが立ち上がる。緑豊かな風景とは裏腹に、彼とポディヤンクラム村を待ち受けていたのは壮絶な運命であった…。
 
 
 
 
 
 

 

 

●上映作その2

「マンデラ -Mandela」    タミル映画 2時間15分

 


監督:マドーン・アルヴィン   2021年

主演:ヨーギ・バーブ(『カルナン』)、シーラー・ラージクマール

あらすじ: トイレさえない小さな村スーラングディに住む床屋マンデラは低カーストに属していた。教養がなく文盲の彼は見下されても平然としていたがふとした事から村の選挙に巻き込まれた。思いもよらぬ出来事が彼を襲う…。
 
 

 
 

 

 

●上映作その3

「スルターン -Sulthan」    2021年 タミル映画 2時間25分
 

監督: バッキヤラージ・カンナン

出演: カールティ、
   ヨーギ・バーブ(『カルナン』『マンデラ』 )

あらすじ:  マフィアの家に生まれたスルターンはムンバイで工学を生業としていた。家業を嫌っていたが父の死去によって家を継ぐ事になり暴力を排除し子分らに真っ当な道を歩ませようと悪戦苦闘する。その方法とは?
 
 
 
 
 




 
 

●上映作その4

「カーリダス -Kaalidas」    2019年 タミル映画 2時間
 

 
監督: スリ・センディル

出演: バラス アン・シータル

あらすじ:  カーリダス警部は次々と起きる墜落事件に遭遇するが事故か自殺か判断できずにいた。彼は家庭内の出来事から逃避するように仕事に没頭するが連続した墜落事件のつながりを知って慄然とする。彼が見たものは?
 
 
 


 
 


 

●上映作その5

「スケッチ -Sketch」    2018年 タミル映画 2時間12分
 

監督: ヴィジャイ・チャンダル

出演: ヴィクラム(『カダラムの征服者』『セードゥ』)、
    タマンナー(『バーフバリ』)

あらすじ:  うまく「絵を描く」事から「スケッチ」と呼ばれる男の仕事はローン滞納車の差し押さえだった。とある出来事から女子学生と知り合い彼女に恋をする。2人が恋人同士になった代償はあまりにも大きなものだった…



 
 
 
 
 

 
 
 

 

●上映作 その6

「ルドラマ・デーヴィ -Rudramadevi」 2015年  151分  タミル映画

Rudrama-Devi-ss.jpg
 
監督:グナシェカール

主演:アヌシュカ・シェッティ(『バーフバリ』『バーガマティ』)
   ラーナー・ダッグバーティ(『バーフバリ』)

あらすじ:13世紀デカンのカーカティヤー王国は国内外の敵に囲まれていた。待望の王子「ルドラ・デーヴァ」が誕生したがその赤子は?国の行く末は?史実に基づいた壮大な歴史ドラマを人気スターたちが演じる。
 
 


 

 

●上映作 その7

「シンデレラ -Cinderella」 2021年  114分  タミル映画

Cinderella-ss.jpg

 

監督:ヴィヌー・ヴェンケテシュ

主演:ラーイ・ラクシュミ サクシ・アガルワル 

あらすじ:サウンドデザイナーのアキラはアンティークショップにあったシンデレラの衣装を家に持ち帰ったが無実に関わらずある事件の容疑者として逮捕されてしまった。一方でトゥラシは費用を貯めシンデレラの衣装を買った。衣装が呼び込む数々の出来事とは?注目のダークサスペンス。

 




 
 
 

 


 インド映画同好会の 独断と偏見にまみれた上映作品を ごゆっくりお楽しみください!!